生きている木

 

大きくなりすぎた庭の木々の剪定をやろうと、ずっと思っていました。それを昨日、意を決してやることにしました。

手伝ってくれる人に依頼できたことで幸先が良く、昼過ぎから作業に取りかかることにしました。

前にも何度か剪定はやったことがあり、十分に気を付けてやっていくのはもちろんのこと、要領もだいたいわかっていました。

 

作業着に着替えて軍手や帽子、剪定の道具などを身に着けていよいよ作業の開始です。

3メートル以上の高さの木に、剪定用の梯子(はしご)を使って登るわけですが、この梯子が結構重たいので慎重に動かして安定させます。

上に登ってからすぐ、足元がぐらつかないように木とはしごの上部を太めの紐でくくりつけます。

枝の適当な位置にのこぎりの歯を当て切り始めて行きます。太い枝ですので、一つを切るのにも重労働です。

 

最後の大枝を切り終えた直後、ヒヤッとしました。太い枝がすぐ横で落ちて行ったのです。

もうちょっと手前だったら頭を直撃されるところでした。助けてもらったと思うと同時に感謝の念に打たれました。

そのとき、一生が終わっていたかもしれないのに、生かされました。まだやるべきことが自分に残されていることを確認する出来事でした。

 

さて5、6本の大枝を切ったところで、上での作業はひとまず終わりにして、切り落とした枝のさばきにかかります。

切り落とした一つ一つの枝が相当に重くて「よくもまあ、こんな重い枝をいくつも木は支えていたのだ…」「文句ひとつも言わずに、黙々と支えていた」ことに、つくづく感心してしまいました。

生きている木から「支え、支えられて生きている」とは、こういうことなのだ、と教えを受けているようでした。

 

で、その枝をその場でそれぞれ、いくつかに切っていき、持てるほど小枝に分けてから運んで行きます。

最後に小枝を更に細かく切り分けて行きます。1時間のつもりが3時間以上かかってしまいました。

これでどうにか1本の木の剪定が終わりました。あと4本ありますので、一週間後に2本目をやる予定です。