やってみたら?

 

いま自分に、自信の持てることは何だろうかと考えてみます。

ひとつはこうして書き続けていくことに対して、ある程度の自信をもっていることが上げられます。

今日まで書いて来たという実績を念頭において、そう言っているのがわかります。

 

続けてきた成果という点では、ひとまず成功と言えるのかもしれません。

しかし、もっと違う見方ができそうです。

 

さっきの例でいいますと、書き続けたという実績をつむこと、そのことこそ大事であったということです。

経験を少しでも積めば、つぎも出来そうな気がするのも当然で、それがまた出来たとしたら、今度はずっと出来る、と思うようになります。

そうすると、ことさら自信をもつことにこだわらなくてもいいようにも思えます。

 

「出来るかもしれない」とか「出来そうな気がする」とさえ、思えたら十分な気がするのです。

望ましい状態とは、出来るかどうかわからないけれども、やってみたい、という心境になっていることではないでしょうか。

 

「自分をどれだけ信じられたか」という言葉は、次のように置き換えられると思います。

「失敗をおそれず、自分にどれだけ挑戦する機会を与えたか」と。

重要なことは、自分自身に「うまく出来なくてもいいから、やってみる?」と言えるほどに、自分のことを許せるかどうかです。

 

成功するのかしないのか、そんなことは本来の自分自身にとっては、あまり大した問題ではなかったのです。

成功しなくても、やってみることのほうが、はるかに重要だということです。

 

うまく行かなくてもいいし、失敗したって一向に構わない、人生そのものが、自分を訓練する場でもあるのですから、たくさん失敗すればいいのです。

失敗はたくさんチャレンジした証でもあるわけですから。

 

「自信ある?」と人から聞かれたら、迷わず「もちろん」とだけ答えればいいのです。

ドジなことばかりしている自分を、ずっと信じて見守ってくれているもう一人の自分。そんな自分を、自分が信じるのは当たり前ではないか、と言ってやりたい。