100%自分

 

自分が自分でないような感覚に、時々なることはないでしょうか。

この世界で100%自分自身になった人など、いないのだと聞いたことがあります。

簡単なようで、自分になり切るというのは難しいことなのだ、と何となくわかるような気がします。

 

ところで自分の中には、いろんな自分がいることに気づいたことはないでしょうか。

寂しがりの自分や強がりな自分、いじわるな自分、心優しい自分など、どれが本当の自分なのか、わからなくなったりしませんか。

 

でも、そのどれもが自分なのであって、そうでないものは一つもないことを理解していれば、自分にウソをついたり、人間不信になったりせずにすみます。

今の段階でやっとわかったことは、どんな人にもあることは自分にもあるということです。

 

例えば、あの人はケチで冷たい人だと思ったとき、そのケチなところや冷たい性格は自分にもあるということです。

人は自分を写す鏡だ、という言葉をどこかで聞いたことがあると思います。

ですから、もし心から尊敬できるような人に出会ったなら、その素質が自分にもあるということです。

 

今度から道で出会った人や職場で会う人などを、よく観察してみることです。

良いところもそうでないところも出来るだけ見つけてみます。

程度の差はあってもそれらはすべて、今の自分にもあてはまると言っていいのです。

 

そこまでわかって来ると、人に腹を立てたり嫉妬したりする必要もなくなり、すべての人を許せるようになってくるから不思議です。

100%自分になるとは、すべての人が自分だと悟ることかもしれません。