成長をめざす

 

なぜ自己成長をめざすのか、という点について改めて考えてみました。

二十代の半ば頃の体験ですが、勤め先で研修に何度か参加しているうちに、自己成長を促す研修に非常に興味をもつようになりました。

その後、自己啓発についての本を読むようになり、自費で社外研修に参加するまでに関心が高まっていきました。

 

なぜ自己成長に無関心ではいられないのか、長年の疑問でしたが、本来人間は成長をめざす生き物であるということを知りました。

でも人間はなぜ自己成長をめざす必要があるのかよくわかりませんでした。

それなりに理解できたことは、社会生活を営む上で対人関係は避けて通れず、相手と良好な関係を築くことがつねに求められているということです。

 

人との間でトラブルが発生するのは、双方が共に人間的に未熟であった場合です。

どちらか一方が、高い視点に立って相手を理解しようと努め、より広い視野で物事をとらえて冷静に行動する人であれば、問題が起こりようのないことがわかります。

相手がどのように出ようとも、自分の方がつねに賢明な態度で接していれば、良好な方向に話を持っていけることはあっても、少なくとも悪化させることはありません。

 

ですから人間関係を改善する上で重要なことは、相手の言動を変えようとするのではなく、自分がどのように対応すれば最良なのか、それだけを考えて行けばいいということです。

人間関係を豊かにする鍵は、いつも自分が握っていることを自覚すればこそ、可能な限り自分を引き上げて行く必要に迫られるのです。

ここに成長をめざす理由のひとつが見つかりました。