尿健康法 その後4

 

寒い日が続いていますが、風呂上がりに尿塗布して、身体がほんとにあったかいので助かります。

皮膚が体温をしっかりと保持してくれているような気がします。

 

先日、火傷をして患部を尿塗してみました。そしたら、火傷に付きものの腫れや痛みがいっさいありませんでした。

その数日後には、かさぶたができていて、治りかけに伴うかゆみなどもまったくありません。

 

リンゴがとてもおいしい季節になりました。大好物なので毎日欠かさずにいただいています。

試しに尿の入った容器に、切ったりんごを漬けてみました。

しばらくおいてから、食べてみたところ、いつもとは違った甘みとなめらかさを楽しめました。

 

好転反応と思われる首のこりとか、運動すると感じる足の痛みなどは、その後も続いています。

症状が顕著に出てから治っていくと聞かされていますので、しばらくの辛抱だと思っています。

 

今日も水分補給を兼ねて、尿を4~5杯は飲みました。

慣れると大きめのコップに入った尿を、いとも簡単に飲めてしまうのです。

 

例年ですと、冬場は霜焼けや肩こりなどに悩まされるのですが、今年は尿健康法によって救われそうです。

もっと早く尿健康法を知っていれば、もっと違った人生を歩んでいたかもしれません。

これを読まれているあなたは、やるやらないはともかく、尿健康法を知っているのですから、とても幸運な方だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です