安い食べ物は結局、高くつく

 

半年前、とても安い小麦粉が手に入るようになり、おやつを自分で作って食べていました。

その後しばらくしてから、前触れもなく腹を刺すような痛みがあり、びっくりしました。

それは断続的で数秒間しか続かないのですが、その度に不安になるのでした。

 

ネットでいろいろ調べてみて、ストレスや肩こりから来る痛みだと思いました。

だから、のんびり過ごすことと、肩をほぐすように気をつけていました。

しかし、その痛みがやって来る頻度が増えてきて、お医者さんへ行くことも考えました。

 

あるとき、夜中にキリキリ刺すような痛みは、よく食べているお菓子によるものだと気づいたのです。

考えてみると、原因として時期的にもピッタリ合うのです。

早速、作ったお菓子を食べるのをやめると、よくあった痛みもなくその夜は寝られたのです。

こうして安易に、安いものに手を出したツケを味わう形になりました。
それにしても取り返しのきかないほど健康を損なわずに澄んで、幸いでした。

口に入れる物は、妥当な値段以上のものを購入スべきなのだ、という教訓が得られました。

うっかりした代償として、苦い体験をさせていただきました。

 

もうちょっとで、食べ物が原因だとは知らず食べ続けて、ほんとうの病気になるところでした。

食べるものが原因で病気になるのは、本当のことなのだとつくづく思うのでした。

せめて食べものにだけでも気をつけていれば、よっぽどの病気になることはまずないのですから。

あとは定期的な運動を心がけていればいいだけです。