なぜ、この世界があるのか?

 

私たちが肉体をもって生まれてきたのは一体、何のためでしょうか?

 

もしそのことが本当にわかったなら、この世で悩んだりすることはまったくもってナンセンスだということに氣づけるはずです。

 

私たちが物質世界で生きているのは、ここでの様々な体験を通して精神的な成長を積むためだとしたら、どうでしょうか。

 

ミシェル・デマルケ著「超巨大宇宙文明の真相」において、はるかに進化した異星人が地球人に対して語っています。

 

あなた方はどのように生き、苦しみ、死ぬのかを学ぶためだけでなく、できるだけ精神性を高めるために地球にいるのです。

 

人間は精神性を高めるために、肉体を持って存在しているというのです。

 

精神的な成長や精神性を高めるには、どうすればいいのでしょうか?

ひとつには、赦すことだったのです。

 

どんなことに対しても、それを赦すことを学んでいくことです。

どんな人に対しても、優しく接する知恵を獲得することなのです。