裁くことを慎む

「何があっても裁かない」を実践する難しさを、改めて実感する機会が

ありました。

相手のちょっとしたことに「こうしたらどう?」と言うのも、広い意味では

裁いていることになるのです。

 

昨日、娘が旅行から帰って来て、荷物が玄関脇に置いたままになっていた

ので、言い放ったのです。

「荷物をさっさと片付けたら、どう!」と。

 

理想は、そうした状態をも許すことでした。

それが私の本来、取るべき態度であったのです。

後になって、そのことに氣づく自分でした。

 

もちろん普通に考えれば親の勤めとして、片付けるように言うのは何も

間違ってはいないでしょう。

 

しかしこの場合、躾には当てはまらないのです。

相手がやるべきだと思うことを、相手がやっていなかったので、そのことを

裁いていたのです。

だから、私はやってしまったと思ったわけです。

 

どうしてこうも簡単に、相手を裁いてしまうのでしょうか?

その衝動は、自分でも氣がついていないほど、心の奥深くに根付いている

とも言われています。

 

考えて見れば、これまでに人からさんざん「許しはしないぞ」と言われ続けて

来た経緯があります。

何度もそう言われている内に、自分でも自分を許せなくなってしまうものです。

 

そして自分を許せないことの結果を、そのまま相手にも投影させてしまうのです。

それで人のことをも許せなくなって「許しはしないぞ」となるのです。

 

この悪循環を断ち切るのは、「許し」だけなのです。

いま何があっても許すことに挑戦しているのも、そのためでもあるのです。

 

 

自分の心を変える

 

何度も周りの状況や、あるいは自分の行動を変えようとしました。

しかし、うまく行った試しがありませんでした。

いまようやく致命的な間違いをおかしていたことに氣づくのです。

 

周りの状況や自分の行動というのは結果であって、その原因に目を向けていなかったのです。

結果を変えようとしていたので、何の進展もなかったのです。

 

起こっていることの原因とも言える、自分の心を変える必要があったのです。

好ましくないことや好ましいことも含め、様々な現象には目もくれないことです。

 

但し、どうやって自分の心を変えていくかについては、いろんな困難が予想されます。

だから慎重に対処する必要があります。

 

ウィリアム・W・アトキンソン著の『引き寄せの法則』では「心を改造する」という

章の中で、次のように語っています。

「人は心を鍛えて望む状態に作り変えることができます。(中略)洞察力のある人は

すすんで心を鍛えています。このような人は他人の暗示や影響を受けず、自分を支配しているのです」

もう少し引用してみます。

「彼らは『真我』(真の自分)を肯定し、低い心の機能を従わせています。

真我は心の支配者で、意志と呼ばれているものはその道具です」

 

ですから心を変えていくには、決して1人では始めないことです。

真我に指導を求めながら、意志の力を使ってやって行くということです。

低い自分を、つねに支配していなければならないからです。

 

過去にやって来た過ちは、もう二度とくり返さないことが肝要です。

低い自分と低次元で議論したりする落とし穴にも、はまらないことが重要だと氣づくのです。

 

 

 

 

 

 

自分は何者であるか

 

1999年に『神との対話』と出会い、スピリチュアルな世界を知りました。

はじめてこの本を読んで、自分というものについての理解が格段に深まりました。

 

再度、読みはじめてみると、また新たな氣づきが次々と生まれて来るのです。

例えば「非難せずに、すべてを祝福するように」とあります。

 

なぜなら、どんなことも必要があって、自分が創造したことでもあるからです。

このすべては自分に帰着するという考え方は、当初は受け入れがたいものでした。

 

しかし嫌なことを拒絶するより、一旦受け入れてから手放すほうがスムーズに行くことから

大きな自分の一部として、どんなものでも受け入れる余裕が生まれたのです。

 

この人生での目的の一つが、肉体を持っている間に自分らしさを十分に表現して

より自分にふさわしい存在になることだったのです。

 

だから何かをするということは、自分が何であるかを指し示すためなのです。

宇宙に向かって自分というものは、こうなんだと宣言しているようなものです。

 

また何かをしないということも、それは自分にとってふさわしくないのだと

言っていることでもあるのです。

 

では何かを変えるには、どうすればいいのでしょうか。

現状をそのまま受け入れ、すべては一体であることを認めることから始まります。

そして、より自分にふさわしいものを選び直すだけでいいのです。

 

このとき自分は失敗したとか間違ったとか、考えたりしないことです。

今までと違う選択をするだけの話で、別の道を選び直して進めばいいのです。

決して過去に心を奪われることなく、未来を案ずることもまったく不要です。

 

常にいま、こうありたいと願う自分を創造し続けるのみです。

こうして自己の枠をどんどん押し広げ、その枠を取っ払うことにつながります。

 

 

好き勝手な行動を許す

 

人との関係が上手く行っていないとき、次の質問をしてみることです。

自分は周りの人たちに、好き勝手な行動を許しているだろうか?

 

とかく人のことを、批判する目で見がちです。

そうしたことが続くと、徐々に関係がギクシャクして来ます。

そんなとき周りの人たちに好き勝手な行動を許すだけで、関係が改善できます。

 

私たちは両極端を行ったり来たりして、ダンスを楽しむために生きているのです。

これは自分自身に対してにも言えることなのです。

 

 

もし何らかの怖れを感じているときは、ありのままの自分を出し切っていない可能性があります。

自分にどんなことも自由に表現していいんだと認めれば、怖れは消えてなくなります。

 

本来の自分というものは、もともと変わることのない存在です。

しかし様々な経験をするために自由意思を与えられ、この相対的な世界に生まれて来ました。

 

例えば辛い体験をすることによって、はじめて楽しい体験というものがわかるのです。

辛いことを味わったことがなければ、嬉しさを存分に味わうことはできないのです。

ですから、どんなに辛くても決して逃げてはならないのです。

 

辛い場面で、いま自分は体験しているんだと、第三者の目で自分をとらえることが大切です。

どんなこともそうですが、自分がすべての状況を引き寄せているということです。

つまり必要なときに、必要な体験を自ら選んで、創造しているのです。

 

自己成長を願い、自分の内面がそうした困難な状態をつくり上げているとも言えます。

しかし意識が拡大していくに従って、こうした厳しさも軽減して行くものです。

相対的な世界では、こうしたことを理解しておくことです。