ある体験の総括

 

15年以上、長として務めていた組織が解散してから、人との関わる機会が減ったことに氣づきます。

しかし今というときは、つぎの段階に進むためのものだと感じています。

 

ここで区切りとして、これまでの体験を簡単に総括し、完了させておこうと思います。

どんな小さな組織でも継続して行くことは並大抵ではなく、それなりに大変であることがよくわかりました。

 

特に人との対応が長の仕事のうち最も重要なものでした。

構成員の人たちに絶えず理解と協力を求め、コミュニケーションをはかる必要があるのです。

 

相手の意向や思いをくみ取りながら要望を伝えて、協力してもらうことが不可欠なのです。

人と相対するにあたり、いつも問われるのは自分の姿勢です。

 

あいまいであったり、一人よがりであったりすると、たちまち事が運ばないのです。

またどんな場合にも大切なことは、オープンな気持ちで接することでした。

 

次に、売上げを上げていくことが何よりも優先すべき事柄でした。

組織はそれを達成するために存在しているのですから、当然のことです。

 

利益を出していくには、考えられるあらゆる手立てを考えて実行することにあります。

販売のチャンスがあれば、どこへでも出かけて行きました。

 

そしてそれらを楽しんでやっていました。

たとえ小さなことでも利益が見込まれるとわかれば、躊躇せずやってみることなのです。

 

思えば、ほんとうに得がたい貴重な体験をさせていただきました。

関わっていただいた皆さまには心から感謝申し上げます。