個人的なことより、全体のことを意識する

 

以前までは自分にとってプラスになることだけを考え、行動していても生活は成り立っていました。

しかし今は、それでは立ちゆかなくなりつつあります。

 

まわりの人々や世界にとってプラスになることを思い実行すると、うまく回って行くようなのです。

自分の行動したことによる結果が、すぐ現れてくるようになりました。

 

例えば、お客さんが喜んでいるところを想像しながら、パンを焼いていると、とてもうまく焼けるのです。

社会全体も、何となくそのような流れになって来ているような氣がします。

 

これからは意識の上で、自分と他人という境界があいまいになり、自他の区別はなくなっていくようです。

だから、自分が関わる物事はすべて自分ごとである、という視点で考えて行動していくことが要求されます。

つまり相手が得することは、すべて自分の得でもあるということです。

 

あるいは、自分の損得勘定は抜きにして、社会全体が良くなることだけを考え行動すれば、いい結果になるとも言えます。

自分という、とらえ方を根本から変えていく必要があります。

自分を、小さな個人的なものに限定しないで、広く全世界の人々ともつながる、大きな存在の一部であると考えます。

 

だから自分でないものは、何もないということです。

すべてが自分だとしたら、憎むことや争うことは無意味です。

自分でもある相手を励ましたり、引き上げ高めることしかなく、他にやることはないのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です