正月特需で、にぎわう

 

今日も、午前2時起きでパンを焼き上げました。

しかし今朝は気温が下がっていたため、一次発酵がまだ完了していなかたので、あと1時間待つことになりました。

 

今日は12種類のパンを焼き終わって、午前9時過ぎに地元の道の駅へ持って行きました。

そしてお昼には追加のラスクを持って行きました。

お店は正月休みの子ども連れの、家族の人たちでにぎわっていました。

 

あるお客さんは、手にとって「こんな固いパンはめずらしい」そう言いながら、甘納豆入りパンとパンプディング・パン、シナモンラスクを買っていただきました。

 

きちんとお礼を申し上げましたが、こうしたお客さまとのやり取りのときが、一番やりがいを感じます。

正月3日目の明日も、大勢のお客さんが見込めそうなので、いつもよりも多めに仕込むことにしました。

 

せっかくの正月だから、仕事を休みにするという考え方もありました。

当初は、せめて年1回の正月ぐらいは休みたいという思いがありました。

 

でもすぐ考え直して、買い求めるお客さまがおられる限り、休まずに焼き続けようと決めたのです。

その選択は正解でした。正月だからこそ、多くの客さまに喜ばれる機会に出合えたからです。

 

もともとは、昨年10月に開業した「道の駅」に、こだわりのパンを出品し始めました。

すると売れる量がこれまでの比ではなく、パン職人の本領を発揮する場を与えられ、本腰を入れて焼くようになりました。

 

それ以来、仕事がより面白くなりました。新商品を次々と焼いてみては、お客さまからの反応を伺うのも楽しみのひとつです。

そのようなチャンスが年中無休あるのですから、休まず身体の続く限り焼いて行こうと思うのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です