「書く力」をもらいました

 

しばらく途絶えていましたが、

またブログを再開したくなりました。

 

イケダハヤトさんの

「武器としての書く技術」

を読み改めて

「書くことの力」を再認識しました。

特に、

ためになったところを列挙してみます。

 

「本心からの意見を怖れず発信する勇気を持つ」

これまで自分の中に、

遠慮して言えなかったことがたくさんjあったことを認めました。

 

「自分の言いにくいことは、誰かの言ってほしいこと」

そういえば、

過去に敢えて言いにくいことを言って、

みんなから喜ばれたことがあったことを思い出しました。

 

「完璧主義をやめる」

完璧でないという理由で、

下書きのまま放置してきた記事がかなりありました。

 

「新しい価値を提案すれば、必ず批判が起こる」

批判に対しては寛容になるチャンスだととらえ、

発信して行く力に取り込んでいける自分をめざして行きます。

 

「表現することは自分の癒しであり、

それを見ている鑑賞者にとっても癒しとして機能する」

内から湧き起こるものや表現したいものを、

そのまま表現することが、

自分やそれを受け取る人の癒しになる、

と絶えず言い聞かそう。

 

「本当にそう思うなら、強く断定すればいい」

確かにブログを書き始める前と比べると、

かなり断定できるようになりました。

しかし、もっと勢いを付けて行くことにしました。

 

ここまで書いてみて、

「周りを気にする自分」というものの存在の大きさに、

改めて気づけました。

 

書き続けることの大切さを、

いま一度、頭に叩き込むことができした。

完璧さを求めずに、

ブログ記事をまた書き続けて行こうと決めました。