口ぐせ「私はできる」

 

今回の口ぐせは、「私はできる」

日々、特定の口ぐせを行うようになって、弱気になったり、つまらないことを考えなくなった自分に気づきます。

顔も引き締まり、腰も心もしっかりと座った感じがします。

 

いったい、私に何ができるというのか?

私という人間が、どんなことでもできる、可能性をもった存在だということです。

未知の、無限の可能性をもつ存在なのです。

そういうことを自分に絶えず言い聞かせることが、とても重要だと認識できるようになりました。

 

もし、口ぐせをしなくなったら、あらゆる不安材料や否定的なことが心の隙間に、忍び寄ってくることが予想できます。

いままでずっと、そんな状態で過ごしてきたから、わかるのです。

 

肯定的な言葉を言い続けて行けば、いい結果が出ることはわかっていても、これまで行動が伴わなかったのです。

しかし、この数日間、口ぐせを続けて、やればできることを実感できるところまで来れました。

 

口ぐせで、ほかの余計なことを考えなくなったのが、一番の収穫です。

思考することを止めることはできないので、ひとつの言葉で思考を満たせばよかったのです。

それが口ぐせです。

だから、迷うことがほとんどなくなり、作業にさっさと取りかかれて、そのものに没頭できるようになったのです。

 

口ぐせの効用は、これからもっといろいろと出てくるような気がします。

何だって私にはできるのです。

それを打ち消すような言葉に、隙を与えさえしなければ、大丈夫です。

私はできる!

私はできる!のです。