口ぐせ「許してください」

 

「許してください」を口ぐせにしてみて、何をなぜお詫びしなければいけないのか、そのいくつかがわかりました。

 

まずパンを買っていただいていたお客さんに対してでした。

そのお客さんの要望や期待を真摯に受けとめなかったことがありました。

どうか「許してください」

心からお詫びをして完了させていただきました。

 

次は、両親に対してでした。

生前、お金は決して人から借りてはいけないとよく言われていました。

しかし現在、あるところから借金をしています。

親の教えに背く気はありませんでした。

ある理由から体験でそれを学ぼうと、敢えてお金を借りたという経緯がありました。

いずれにしても親にきちんと、この件でお詫びをする必要がありました。

「許してください」

両親には、心からお詫びをしました。

 

そして次は、最高の自分自身に対してでした。

例えば、モノを買う場合に、何でも安いもので済まそうとしていました。

これは最高の自分自身に対して、とても失礼なことをしていたことに気づけたのです。

「許してください」

もし、いいモノが手に入らなくても、安いもので済まそうとしないことです。

どうしたら、いいモノが手に入るのか。

何で、それを手に入れる必要があるのか。

それは最高をめざす自分にとって、ふさわしいモノかどうか。

それを必死に考えることだったのです。

 

次に、自分の思い込みで、これまで多くの人たちの心を傷つけて来たことに対して、きちんとお詫びをすべきだと思いました。

例え、相手にも非があったとしても、嫌な思いをさせたことに対して素直に詫びたい気持ちになりました。

思い浮かんだ人たち、一人ひとりに対して

「許してください」

ほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

こうして、「許してください」を口ぐせにしていると、いつの間にか、自分が言っているのでなくなってきました。

私が「許してください」と言うたびに、まわりのほうから自分に、「許してください」と言われているように聞こえて来るのです。

私の発する「許してください」が、他の人からの声として、自分に届いているように思えます。

お詫びの言葉を言うたびに、まわりからお詫びの言葉が返ってくる。

そんな感覚になりました。

自分が発することは、自分に返ってくる。

これは、真実だということを実感できました。