今日を生きる

 

人生を、どう生きるかは、ひとそれぞれです。

 

わたしは、「人生をマスターする」道をずっと探していました。

そして、ようやく着いた先が、いまこうして与えられている「今日」という日です。

今日、目の前の課題を、どうマスターすればいいのか?

それだけを考えて生きることが、マスターにつながる道だったのです。

 

毎日のウォーキングで、いつも感じ入ってしまうことがあります。

一歩一歩をゆっくりと踏みしめて行くと、遥か前方にあると思っていたところへ、いつの間にか、たどり着いている自分に驚くのです。

 

一歩を休まず、続けさえすれば、どんな長い道のりでも、行き着くことができる!と毎回、確信を新たにするのです。