困ったことの具体例

本当にやりたいことをやり遂げるためには、それ以外のことは極力見送る必要があります。

今回、動画で取り上げた例では、見送っていいと判断したことであっても状況によって誠実にやりこなすことが妥当だったケースです。

本質の部分に全力投球するということは、その他のことについては簡単に済まそうと考えることでもあります。

だから、力を入れるべきところとそうでないところとをしっかりと見定めてから、取りかかることが最も重要な作業です。

毎日の限られた時間を何に使って行くのか絶えず気を配ると同時に、その日のやるべきことを絞りそれを徹底してやり抜くことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です