「不食が人を幸せにする」を見て

 

私には今の社会が、違いを認め合う社会だとはどうしても思えません。私が理想とする社会は、真に「認め合う社会」です。

お互いの異なった主義主張やあり方を認め合い、そうした個人の多様性を生かす社会であり、自由に生きることが尊重され奨励される社会です。

だから、食べる食べないの選択もまったく個人個人の自由であり、食べる人がいれば食べない人だっていてもおかしくないのです。

 

まだ自分は食べ物を摂らないでも生きられるレベルにまで至っていませんが、もし食べなくても
生きられる状況になれたとしたら、確実にいまとは大きく違った生き方をしていることと思います。

1日24時間の大部分を活動に投じていて、自分の能力をフルに稼働させて自己成長に勤しみ
それをリアルタイムに情報発信しているのです。

それが現実となる日も近いような気がしています。

 

認め合う社会の実現を望むには、まず自分の中にその理想をつくり上げなければなりません。
むしろ内面にこそ強固な、調和と共存の礎(いしずえ)を築かなくてはならないのです。