なりたい自分、理想の自分

美味しいものを食べたり、欲しい物を手に入れたりと、いろいろな形で喜びが得られる
この世界は実に素晴らしいと思います。

でも私は最大の喜びは、自己成長にこそあるではないか思うようになりました。
まだ断定できるまでにいたっておりませんが、その手前に位置していることは間違い
ないように思います。

これまで外の世界に喜びを追い求めいくら得られたとしても、それは一時的で
はかないものでしかありませんでした。

結局のところ、内面で得られる喜びへと向かうことになり、元々真に満たされるものが
どこにあるのかをあらかじめ知っていた自分に気づくのです。

自分が最終的にめざすべき理想とはどういうものかは、実際に試行錯誤していくなかで
徐々に明らかにされるものだということです。

ですから最初は自分にとってベストと思える理想をかかげ、まず一歩を踏み出すことこそ
肝心なことであったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です