やったことが返って来る体験

自分が出合う状況には、
それなりの意味があること、
その場の自分にふさわしい、
必要なことだということ
を改めて
知る機会がありました。

それは、
出来事をどのように
受けとめたかによって、
違ったものに見える、
印象的な体験でした。

『人の振り見て、我が振り直せ』
という故事どおりに、
望まないことを人からされた時、
それを
自分がやったことに
置きかえてみて、
考えることによって
これまで見えていなかったものが
見えて来たのです。

自分の見方が自分の考えを
大きく支配していることを思い知りました。

自分の見方を変えただけで
周りの状況が違ったように
見え始めたのです。

もし、一つの見方しかできず、
ほかの見方があることに
まったく気づけなかったり、
間違った見方をしていることに
気づかなかったら、
間違った考えで、
間違った行動を
とり続けていたことになります。

わが身を振り返ることの
難しさとともに、
その大切さを
痛感する出来事でした。

今日の朝食です。
自分が焼いたパン、地元でとれた各野菜のサラダ。
それに妹から届いたりんごでした。
141129

自己成長が最大の関心事

自己成長をめざすことと人の役立つことをやって行くと
いうことを動画では語りました。

それで具体的に、どういうことを今後やって行くのかと
いうことです。

世界情勢や日本の経済のことを知ることも大切ですが、
自分にできることとしては、
日常のなかでの気づきを掘りさげて行くことです。

この世界を動かしている原理原則について学ぶことも
大事なことだと思います。

例えば、原因結果の法則や引寄せの法則などですが、
これらについても理解を深める必要を感じています。

結局は、日頃の小さな積み重ねを実践するだけです。

今朝の朝食です。
地元産の野菜を使ったサラダとスープ、自家製の食パンでした。
141121

経済的自立は通過点

経済的自立に向けて
私がめざしていることの1つは、
充実した内容と圧倒的な量の記事を容する
サイトづくりです。

人気サイトになるための条件、
有益な記事が多く
見やすくて
わかりやすいことを第一に
心がけているところです。

内容的には、
体験談や失敗談などのほかに
独自の視点、主張が盛りこまれた
記事で構成し
他サイトとの違いを打ちだす
必要があると思っています。

ところで、経済的に自立するという目標は
願望実現への手段でもあるということです。

つまり、経済的自立に
直結したことだけをやること、
それ以外のことはやらない、
やってはいけないということです。

往々にして目標から
それてしまっている自分に気づき
修正する場合がよくあるので
十分に注意しています。

成功にふさわしい人をめざす

成功について語るのであれば、
まず自分が
どのような価値観をもっているのか?
それを明確にする必要がありました。

私にとって最も価値あることは、
自分のできることで
人に役立つことをどれだけやれたのか。
人に喜ばれ
役立つ人間にどれだけなれたか。

また自分が
どれだけ人の身になって
物事に取り組めたか。
それらに大きな価値をおいています。

そして
その根底にあるのは、
自分の能力を
最大限に生かしたい
という思いがあります。

生かせる能力としては、
ものづくり、
メカニズムの解明、
新しいことの挑戦、
自己開発などの面です。

とくに
創造と成長への探求
が最大の関心事でした。

これらをどのようにして
人に役立て、形に表していくかが、
これからの重要課題だと
受けとめています。

1日1食の体験記21~5日間、朝1食だけです

1日1食の生活をためしてみて、私にわかったことは
ものを食べるから身体が疲れ、休息が必要になるということです。

食べる量をへらすだけで、それにともなって睡眠時間もへり、
自由につかえる時間がふえて行きます。

1日のうち1食をへらすだけでも、慣れてくれば
身体はそんなに休息を必要としなくなるのです。

要するに食べなければ、身体は疲れないということです。
これは私にとって確信にちかい事実になっています。

でも食べないと身体がもたないのではないかと不安に
思われる方もおられると思います。

私も前に食べたものが、やけにお腹にたまっていると
無性に食べたくなり、食べないと身体がもたないという
気持ちにおそわれることがあるのです。

そういう時は無理をせず、素直に
何か口に入れたりしていますが、かならず残ったものをすぐ
出すように心がけています。

1日に3度も食事する生活をしていると、
いつもお腹に食べものがある状態がふつうになっており、
食べたいという思いを常に持ちつづけることになります。

お腹にいつまでも古い食べものが残らないように、
身体はつぎつぎと食べることを要求して来るのではないかと
私には思われるからです。

この状況から抜け出すためには、まず食事の量をへらして
みることが1番だと思います。

つぎにやることは、お腹に食べものをためないことで、
入れる以上に出すことにもっと注意を向けることでした。

毎日私もやっていますが、洗腸することをオススメします。
腸を水で洗浄するカンタンな洗腸機が出回っています。

究極の成功と自分磨き

私の人生で、これだけは守り通したいというものを上げるとしたら、
それは何かというと「人生を肯定し受け入れる心」です。

また、これだけは到底、容認できないというものを上げるとしたら、
それは何か?「生きていく力」を損なうような考え方いっさいです。

最終的に生命を賛歌する力の一翼をにないたいと願っていますが、
いまは人生を容認して生きていくだけで手一杯な状態です。

人間はもともと無垢な形で産まれたように、また無垢な状態で
この世を去ることができれば、それが1番の理想だと思います。

せめて、それに近い形で終わりを迎えられるように、手放せる
ものはすべて手放すことが肝要だと思うのです。

自分を磨くとは、誤って身に付けてしまった思い込みや刷り込み
などを捨て去り、元の姿に蘇っていくことでもあると思います。

自分との約束を守る

やろうと決めたことを確実にやる、ただそれだけで、
生活にゆとりと充実感がえられることを知りました。

これまで決めたことでも理由をつけてやらなかったことは、
もちろんたくさんありました。そして

やる必要性を感じ、やり続けたいと思っていたことでも、
たとえば1日1食の完全実施などのように、
それに踏み切れず、ジレンマを感じていました。

そんなときに、以前にも紹介しましたジム・ローンの
「規律は軽く、後悔は重い」
という言葉で、その一歩を踏み出すことができたのです。

自分との約束をしっかり守っていくことで、その行為が
強力な力となって自分をあと押ししてくれています。

そのときになって初めて、約束を守らず後悔することの
損失が大きかったことにも気づけたのです。

その損失とは、
先のばしする習慣や言い訳をするクセなどが身につくこと、
安易に楽な方向へ行きがちになることなど、
自分の価値を下げる行ないに終始することです。

自分の価値を上げるには、
自分との約束を確実に守っていくことが必要不可欠であり、
小さな約束からスタートすれば十分可能なことだったのです。

自己信頼を築いていく

もしも自分のことをきちんとコントロールできていれば
成功はとても簡単であること。これはよくよく考えてみれば
当たり前のことでした。

自分を自由にコントロールができるということは、
やるべきときに、やるべきことができるということ。

つまり成功につながることを確実に積み上げて行く作業が
できるということでもあるからです。

成功した人たちは、どの人も必ず何らかの努力の必要性を
説いています。

ですから、いかに自分をコントロールして必要な努力を
続けていくかが、とても重要なことに気づきます。

私は自己責任がともなう課題を設定しつつ、自分を上手に
動かす方法を先人たちからもっと学んでいこうと思います。

自分を制することが、自己信頼を深めていくことにもつながり、
自分を高めることでもあります。

大事なことをなし得るかどうかは、それが行える状態にまで
自分の内面をどうやって鍛え、引き上げていくかにかかって
いるように思います。