望んでいることを好きなことに

望んでいることを好きなことに

望みを実現するのはどんな時かを考えればまた見えてくるものがあります。そこには
何としてでも実現したいという強烈な思いがあり、好きとか好きでないとかを越えた
レベルにいることは確かです。

望んでいることを現実化する原動力は、自分の内の熱い思いから発していることが
わかりました。理屈ではなく本当に実現させたいのか、そうでないかのかを自分に聞
けば自ずと答えが返って来ました。曖昧なのです。

まずはきっかけの糸口として、ともかくそれが好きなんだと思いながら、やり続けて
みるのもひとつの手だと思います。やって行く中で望むだけでなく何が何でも実現さ
せたいという段階にまで行くかどうかを見定めたいと思うのです。