上手く行きすぎたとき

 

これまでに上手く行った時を振り返りますと、その直後から気を緩めてしまって何となくダラダラと過ごしがちであったということです。

これは上手く行かないことが自分のスタンダードになっていたため、そこへ戻そうとする機能(ホメオスタシス)が働いていたことです。

 

この状態のままでは、今後どれだけ努力したとしても成長は微々たるものでしかないのです。

現状を打破するためには、まず何としてでもこの当たり前の基準を変えることが先決なのです。

 

今の自分がどういう基準で動いているのか、まずそれをしっかりつかんでおくことが重要であること。そのことに気づいておかなくてはならないのです。

これまでのパターンを見返してみて更にわかったことは、少しでも上手く行った時は、それだけで満足していたことです。

 

また、上手く行ったこと自体を疑ってしまい、上手く行くはずがない、などと否定したりしていました。

以上のことを頭に入れて、上手く行かない状況に戻そうとする思考回路から切り替えて行くことにしたのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です