心に刻む3つのこと

 

当面、以下の3つをクリアすることに力を入れるだけで、その後に大きな違いが生まれるような気がします。

ます、やる前に考えるクセをまず断ち切ることだと思います。

必要な時には自ずと思考も働くので、敢えて考えることもないのです。

 

次に自分にとってなぜ、その目標達成が重要なのか?その理由を頭に刻み込むことで、半ば達成したも同然になります。

内からこみ上げてくる願望は、その現実化の前触れであって、実現するか否かの問題ではなくなり、それを判断したり評価するのは無意味だと知る必要があるのです。

 

そして、望むことだけに注意を向け、常に望む結果のさらに先を意識して思考する習慣を身につけることです。

上手く行きすぎたとき

 

これまでに上手く行った時を振り返りますと、その直後から気を緩めてしまって何となくダラダラと過ごしがちであったということです。

これは上手く行かないことが自分のスタンダードになっていたため、そこへ戻そうとする機能(ホメオスタシス)が働いていたことです。

 

この状態のままでは、今後どれだけ努力したとしても成長は微々たるものでしかないのです。

現状を打破するためには、まず何としてでもこの当たり前の基準を変えることが先決なのです。

 

今の自分がどういう基準で動いているのか、まずそれをしっかりつかんでおくことが重要であること。そのことに気づいておかなくてはならないのです。

これまでのパターンを見返してみて更にわかったことは、少しでも上手く行った時は、それだけで満足していたことです。

 

また、上手く行ったこと自体を疑ってしまい、上手く行くはずがない、などと否定したりしていました。

以上のことを頭に入れて、上手く行かない状況に戻そうとする思考回路から切り替えて行くことにしたのです。