1日1食体験記11~昼食を軽く摂る

 

1日に1食を摂るのと1日に2食を摂るのとで、その大きな違いはお腹の感覚がつかめるようになって、はっきりわかりました。

2食摂った翌朝は、起きた時に昨日の食べものがお腹に残っている感じがして、気持ち的にもあまり良くありませんでした。

 

それに比べ1食だけの時の、翌日のお腹の爽快感は格別でした。味わってみないとそれはわからない感覚なのです。

一度でもそれを味わってみると、ほかの状態の異常さがやっとわかり、今までの考えの誤りにも気づくことができたのです。

 

もう一度、次の日も昼食を摂ってみることで、よりはっきりすることになりました。