自ら調和する存在へ

 

モノや他の生物と違って人間は、自ら調和するかどうかの選択ができる特権を与えられていることに気づきました。

大きくとらえると、そこにあるということは全体との調和が取れているからそこにあるということです。

 

また起こった出来事一つ一つも全体との調和をはかる上で必要だから必然的に起こったというだけです。

だから状況に抵抗することの無意味さ、周りを無視することの愚かさがわかって来るのです。

 

どこまでも自然の流れに寄り沿って生きることの重要性を、この調和という言葉から感じ取れました。