理想の未来に向かう

いま仮に周りにあるもの全てがなくなったとしたら、自分はどうするのか?

この問に答えることで、迷いを断つことができることを知りました。

 

何もなくても自分の未来だけは頑然とそこにあることに気づくのです。

そうして今という時があります。この今と未来があれば何でも出来ると思えて来ます。

 

今しかやれないことを直実に一歩ずつやる、ただこれだけです。

毎日いろいろな出来事が起こりその一歩に困難を伴うことが何度もあります。

 

しかし私はこの一歩が全てだという気持ちだけは持ち続けていたい。

だから必要なことに注意を向けから、またいつもの一歩に立ち戻って進めばいいだけです。

 

目の前にはいつも理想の未来があり、それに向かうことが私の務めなのです。

抵抗はしません、逆らいません。しかし一歩を進むことにこだわり続けます。