休むことはサボることではない

 

休息を取るということはやり続ける以上に大切なことだということです。

息抜きを兼ねて違ったことをやったり何もせずに、空白期間を設けることで潜在意識が活発になることもあります。

 

休んだ後に、復帰するとまた新たな気持ちで取り組めるものです。そして新たな視点が加わり一層中身が充実したものに出来るのです。

一定期間、距離を置いてみることは、いろいろな意味でとても大事なことでした。

 

物事を継続して行く上で、時には休むことも必要不可欠だということであったのでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です