休むことはサボることではない

休むことはサボることではない

休息を取るということはやり続ける以上に大切なことだということです。

息抜きを兼ねて違ったことをやったり何もせずに、空白期間を設けること
で潜在意識が活発になることもあります。

休んだ後に、復帰するとまた新たな気持ちで取り組めるものです。そして
新たな視点が加わり一層中身が充実したものに出来るのです。

一定期間、距離を置いてみることは、いろいろな意味でとても大事なこと
でした。

物事を継続して行く上で、時には休むことも必要不可欠だということです。

ワクワクする豊かさ

ワクワクする豊かさ

豊かさに満ちた毎日にしたいと思うのであれば、その豊かさは自分がもた
らすものであるということをしっかりと頭に叩き込んでおくことでした。

例えば毎日の仕事においても、ワクワクすることを考えながら働くことは
可能であるし、一緒に働いている人との会話中でもワクワクするようなこ
とをイメージしながら話すことも出来るのです。

自分の周りがとても豊かとは思えないとすれば、自分がこれまで豊かさに
焦点を当てて来なかっただけなので、これから豊かさを編み出して行けば
いいのです。

元々豊かであるのに自分がそれに気づいていなかっただけなのだというこ
とに気づくのです。まず想像することから創造へとシフトすることです。