自分の人生をイメージし続ける

いま自分に与えられた人生というのは、自由にどう生きてもいい人生でもあると思うのです。

だから、人に遠慮して生きる必要はないし自分が生きたいように生きても全く問題がないということです。

 

生きたいように生きる!そう決心さえ出来たら、何でも出来るように思えて来ます。

それは世界に向かって自分が生きている意味を与え続けることでもあると思うのです。

どんな人生にしたいのか?これは常に問い続ける価値のある言葉でした。

 

 

お金から自分を解放する

これまで新しいことや面白いことがあれば、すぐ飛びつくタイプでしたが、いろいろやってみて失敗だったこともたくさんありました。

もう2度とやるまいと決めたことも数えきれないほどありますが、全ては学びであったと、とらえればムダは一切なかったと言えます。

 

お金からの解放は、人によっては一瞬で出来ることかもしれませんが自分の力で何とか成し遂げたいテーマであります。

 

 

思いたいように思う自由がある

まわりの人から自分がどう思われているのかを絶えず気にしながら生きて来て、本当にしたいことは何も出来ずに終わってしまうところでした。

例え、自分がどんなことをしたとしても、人は思いたいように思うものであること、自分がやりたいことをやっても変わらないと気づいたのです。

 

だったら人と争うことは金輪際やめて、人には思いたいように思ってもらって自分はしたいことをやって行けばよいと思ったのでした。

自分と同じように人がどう思おうとそれを認め尊重して行けばいいのです。