周りを巻き込めた時が最高の状態

改めて振り返ってみますと、自分が描いたとおりの結果になっていました。

野菜、果物だけでなく花や花苗、お餅や山菜おこわ、赤飯のお弁当などを取り揃え、曇り空の下で1時間足らずに売り尽くすというイメージでした。

 

私の意図を汲み取り、まわりの人たちもその通りに動いてもらったことなど見えない天のはからいにも思わず感謝していました。

望んだ通りの結果を手に出来たのです。私のこれまでの最大のネックは人に頼めない、頼りたくないという負け惜しみと片意地なところでした。

 

それを見事に覆すことが出来ました。実は私のまわりは全て協力者でした。

自分に出来ることとは、この自分1人に出来ることだけではなく、まわりの人たちも含めた中での出来ることだったのです。