小さなことをやり続ける

ともかく、どんな些細なことからでもいいので、やリ始めてみることです。

子どもの成長が著しいのは、手当たり次第に何でもやってみようとするからでもあります。

 

先のことは、その時に考えるという気持ちでやってみることが大事でした。

条件が全部そろってからでないと始められないのは、失敗したり人に笑われたりしないかと恐れ、出来なかったことを考えているからです。

 

でも実際に、やってみれば恐れることは何も起こらないものです。

だから出来ることだけを考えてやって行けば、いつの間にか出来てしまうものなのです。

 

 

やり続ければ出来てしまう

出来ないことで心を煩わす必要はまったくなく、誰もが最初は出来ないのが普通だったのです。

何度も練習し、やり続けてやっとそのことが出来るようになるのです。

 

だから出来るとか出来ないことよりも、やるのかやらないのかで出来ることが決まるということです。

今回、毎日動画を撮り記事を書く過程で、私はこのことを何度も思い知ることになりました。

 

だから今後は、自分が出来ないことで悩んだり惨めになることもないし、もし出来るようになりたければやってみるだけなのです。