私とはすべてを受け入れる自分

私とはすべてを受け入れる自分

真にすべてを受け入れることの難しさを知ることができました。

受け入れるとは、もちろん好き嫌いを越えたものですが、好きかどうかで
本当に受け入れたかどうかのチェックが出来ました。

認めるということは自分のものとすることであり、向こうへ追いやらない
ことです。

出来る出来ないのレベルを越える時点に自分は到達したのだという認識で
ありのままの自分を喜んで受け入れるだけです。

今回、動画を通して自分でも出来ることを体験しており、出来る出来ない
の問題もクリアー出来そうです。

はっきり言えることは、適切なステップを踏み、やり続ければほとんどの
ことは出来るようになるということです。

ありのままの自分が大好き!?

ありのままの自分が大好き!?

仮に1つや2つ出来たからといって、あるいは出来なかったからといって
そのことに余りに重きを置き過ぎていないかどうか振り返ることが重要だ
と思いました。

しかし、これまで私は小さい頃から自分が出来ないことに対して大きなコ
ンプレックスを感じながら育ち、何で自分は出来ないんだと出来ない自分
を許せなかったことも度々でした。

だから、そういう過去の自分を重ねて出来ていない今の自分もどうしても
好きになれないことがわかりました。

でも、それだからこそ自分が大好きだと言える自分になる必要があるのだ
と思います。

状況は自分がつくり出したもの

状況は自分がつくり出したもの

まず、これまで身の回りのことや状況は大半が自分がつくり出していたこ
とをとことん納得する必要があります。

その上で、自分はどんな状況を生み出したいのか、そのことだけを考えて
行けばよいということです。

例えばネット上であれば、収益化できるウェブサイトを作りアフィリエイ
トを手がけるとか、オークションを始めてみるとかがあります。

発想を自由自在に巡らせ、これまで出来ないとあきらめていたことに挑戦
することも可能なのです。