良い事も悪い事も長くは続かない

今ようやく動画が180本を撮ったところです。このこと自体は素晴らしいことだと思うのですが、

たとえ今後500本、1000本と撮り続けたとしても、それ以上のことを実現して行きたいのです。

 

それは伝えたいことが適確に伝わり、その内容が相手から他の人に伝わるという価値の共有が連鎖的に広がって行くことです。

そのことで送り手と受け手、双方の人生がより豊かになることを目ざしているのです。

 

 

人生こそ、本当の教師

実際に体験することの重要性について聞いていても体験から学ぼうという意志がなければ、ただやっただけで終わります。

見る行為についても、ただ見ているのと注意深く見るのとでは、得られる情報量がまったく違ってくるということです。

 

例えばシリーズ映画を見ていて最終バージョンだと、これで最後だと思って見ると受け取る印象が大きく違ってくるのと同じです。

ほんとはいつもこれで最後だと思って物事に接することが大切なのです。

事実、大勢の集まりなどで同じ顔ぶれのメンバーが再び一緒になることはあり得ないからです。

 

 

自分の持っている能力を活かす

なぜ人に教えることがそれほど重要なのか?自分の知識や能力を人に伝え教えることの意味について認識を深めることでした。

まず可能な限り情報を公開してサイトにアップしていくことから始めてみることです。

 

教えることを念頭に学ぶということ、つまりアウトプット前提でインプットすることなので、得られる情報の質が格段に上がって行きます。

こうした人に教え伝えることのマインドや具体的なスキルを身に付けて行くことになります。

 

そして実践をどのようにやって行くのか、また分野を何にするかです。今後どうやってモノの価値を伝えて行くかが最大のテーマとなって来ます。