小さなことに全力で取り組む

 

千里の道も一歩からと言われるように、どんなに大きなことも小さなことの積み重ねであるということです。

この小さきことの一つ一つをこなして行く中にこそ考えられない力を内に蓄えていることに気づきます。

 

この小さなことが出来ていない限り、本来たどりたいところに到達することもあり得ないということです。

そして大切なことは人生は旅であり、その道中をどれだけ楽しむことが出来るかどうかなのでした。

 

到着することを一旦忘れて、その過程の一つ一つを十分に楽しんで歩んで行けば、いつの間にか目的地にも運んでくれるものです。

 

 

お金について理解する

私はどちらかというと、お金そのものが欲しいのではなく、そのお金によって産み出せる価値、例えば

その人の自由が手に入ることであり新たな時間が確保できたりと更なる価値を産み出せるので、そのためにビジネスをやるという感覚です。

そのためにも価値ある情報を提供できる個人媒体を持つこと、いつでも自由にお金を産み出せる状況をつくることを目標としています。

 

 

毎日の努力が成果を生む

 

今いわゆる成功していると言われている人のほとんどが、それまでに凄まじい努力をした下積みがあったからということです。

自分の何らかの巨大媒体を持つためにも、またいつでもそれを産み出せるためにも、努力は絶対欠かせないことを知るのです。

 

ただその努力も闇雲にすることではなくやり方次第だということです。

効率よく、しかも本質に迫る努力というものがあります。それを見つけるには、まず積み重ねる経験を積むことでした。

 

 

これまでは準備期間でした

いくら良い話を聞いても自分が変わらなければ、何も聞いていないのと同じだということに気づきました。

自分がどこかでブロックして来たことがわかり、もう一度これまでのアドバイスを振り返ることにしました。

 

ほかに取り組むことは、これから関わって行きたい人にとって自分が特別な人になることです。

私自身いまも変わりつつありますが、もっともっと変わって行くことにチャレンジする意欲が増しました。