豊かさが人生をさらに豊かに

豊かさが人生をさらに豊かに

以前は、モノやお金そのものなどの見えるものがたくさんあることが豊か
だと思っていました。

その後、それは大きな間違いであることを知りました。

目に見えるものは結果であって、それを産み出す原因の目に見えない世界
にこそ真の豊かさがあることを知りました。

お金を稼ぐということは結果の部分にあたり、原因である豊かさを引き出
し、豊かさを形に表すことこそ、やるべきことだったのです。

それが私の場合はサイト上でこうして記事を書き続けることだったのです。

弱点欠点にも助けられる

弱点欠点にも助けられる

例えば、なぜ裁いてしまうのかと考えた場合に、いわゆるモノサシという
自分の基準がそこにあることに気づきます。

言い換えれば、こうあって欲しいという自分の願いもそこに含まれていて
親しい人に対して特にやりがちです。

自分の思いまで否定する必要はなく、ただそれを相手に押し付けてしまう
ところに問題が生まれます。

自分にはそれなりの理由があるように、相手にもその人なりの理由がある
ことを真に理解すれば、相手のあるがままも認められます。

相手のことも自分の思いも大切に扱うことで裁くという行為も結果的に減
っていくように思います。

自分にあるものがすべて

自分にあるものがすべて

結局、自分は今出来るしか出来ないという当たり前のことに行き着きます。

しかし、この出来ることを愚直に続けて行くことは並大抵ではありません。

そこを続けることに大きな意味があり、大きな力が生まれて来るのです。

自分の行動自体が抵抗を招き、それを超えることでより高い見地に立てる
ということでした。

人生は与えるほど豊かになる

人生は与えるほど豊かになる

自分の内に秘めた豊かさを引き出し与えることで自分も相手も豊かになって
いくということです。

例えば私がこうして記事を書くことで、埋もれていた情報を引き出しサイト
上にアップすることで私は豊かさを感じ、読み手の人には何らかのメーセー
ジが届けられたということです。

元々豊かなものから引き出し続けると今後どうなるのか、とても楽しみです。

自分が人生をつくっている

自分が人生をつくっている

自分が人生をつくっているという感覚をもつことがとても重要だと思います。

何ものも恐れることはないし、うろたえることもなく、自分自身であること
に何の遠慮も要らなくなったということです。

このようにいると周りに伝わるようで、自分のことが無視されなくなります。

これは自分が人生の一コマ一コマを着実に積み上げているという自覚から来
るものだと思われます。