内に秘められた力を生かす

すきなこと、やりたいことをやってください!ということを言いたくて、毎日こうして動画を撮り記事をアップしています。

以前の私は、やらなければいけないことや頼まれたことをこなすことに時間を費やし、自分のしたいことがいつも出来ずに過ごしていました。

 

毎日の仕事や生活の中で、何を最優先してやるかでその後の人生が変わることを今、実感しています。

これまでやっていたことは、期限が迫ったことや頼まれたことが中心で、空き時間に自己成長につながる計画を考えたり読書をする程度でした。

 

今はほとんどの時間を重要と思われることや自分がやりたいと思うことに注ぎ込んでいます。

自分が望む成果を出すためにはそれなりの努力を重ねて成果が出せるように自分のレベルアップを図らなければならないのです。

 

 

自然とともに今を生きる

毎日を精一杯に生きていると時間が経つのがとても早く感じたり、気づいたら1年や5年が過ぎていたという経験が何度もありました。

しかし、ちょっと自然の中に身を置いてみるとそこは今という時しかなく時間が過ぎ去るという感覚が幻想であることに気づかされます。

 

特に忙しい時を過ごすことが多い場合には無理をしてでも自然の中に浸って今という時を取り戻してみることをオススメします。

本来、忙しいという思いは不自然な状態なのだということを思い出すべきです。

 

ヒマであることは恥ずかしいことで忙しいことが美徳のように勘違いしてしまいがちですが、字のごとく心を亡くしていることすら気づかない異常なことが当たり前になっています。

たまに頼まれごとを忘れてんてこ舞いになることはありますが、普段やることが一杯あっても忙しいと感じたことがありません。

 

なぜなのかと考えてみますと、先を見通し自分で決めたことをやっていることがほとんどだったからでした。

人から頼まれたことは基本的にすぐに処理して終わらせてしまうのです。

 

仕事などでどんなことをやるにしろ、自らそれを選んでやるという意識、つまり主体性を持って取り組むことが大切だと思います。

何をするにしろ、やらされていると思っている限りは忙しさから解放されることはないでしょう。

 

 

ムダなことをしてみる

意識しないでやっていることの中にムダなことが多い場合がありますが、そういうことはやめていった方がいいと思います。

今回、話しているのはそういうことではなく、一見ムダだと思うことを意識してどんどんやるべきだということです。

 

私は浮かんだアイデアやイメージというのはそれなりの理由があって引き寄せていると思っているので、とにかくやってみることにしています。

今こうして動画を撮リ始めた時もムダかもしれないがやってみようということでスタートしたのです。

 

しかし続けてみてムダではないかもしれないと思うようになり、今では価値あることだと思っているのです。

めんどくさいと思うこともありますが、将来に役立つことをやっており必要なことをやっているという意識があるので苦ではないのです。