成功は心の中で生まれる

 

すべてのものは二度つくられるという言葉があります。
(スティーブン・R・コヴィー『7つに習慣』)

例えば理想の家を建てたい場合は、まず設計図上で念密につくられ、そして建築工事が始まって実際にその通りにつくられます。

 

ここで注意すべきことは最初の出来具合いかんで二度目の出来上がりが決まってしまうことです。

成功を確実なものにするためには、この第一の想像段階で実現したい様子を臨場感が出るほど隅々まで描き切るということです。

 

そうすれば第二段階の現実においてもほぼその通りに再現されることになります。つまり成功は心の中で生まれるということだと思います。

 

 

いずれ訪れる成功に備えて

余程のことがない限り、私の動画撮りはこれからも続けていきます。

決めた目標に向かて進んでいますが、この毎日の作業のプロセルに何か底知れぬ力を感じて身震いしたりすることがあります。

 

たぶん最終ゴールには、いつまでもたどり着けないと思いますが、それはそれでいいのです。

最終のゴールにたどり着くことが人生の目的でもないからです。それよりむしろ1日の中での目標をクリアすることこそ大事です。

 

人生を生ききるとは、その日々のことを言っているのではないでしょうか。

成功する日が来るのかどうか構うのではなく、1日1日の成功体験を積むことがいずれ訪れる成功に備えることだと思います。

 

 

 

豊かさは誰も奪えないもの

一時的な豊かさでなく、真の豊かさには、量的にも質的にも豊かに産み出せる源、能力や資産を有している必要があるように思います。

でもそれは本来、誰にも備わっている能力ではないかと思っています。

そして、その力で得られた知識なり体験を人に与えることによって、産み出す能力がより加速され、益々豊かになっていくのだと思います。

 

ですから、いいと思ったことはどんどんアウトプットしていくべきです。みんなが豊かになり自分も豊かになれるのです。

間違っても奪おうとしたり、奪われないかと心配する必要はなく、もっと豊かになりたいのであれば与えることです。