変えられるのは自分だけ

 

自分はいくらでも変えられると思っています。自分が納得すれば自由自在に自分って変わるものです。

それで自分とは何かといえば、私とは可能性だと思います。自分がどんなに否定しても自分とは無限の可能性をもつ存在だと思います。

 

心から願うことを一つに決めて、それに向けて一歩を踏み出し行動を起こしさえすれば状況も自分も変わって行くものです。

問題はどれだけの熱意をもってその行動を続けられるかで、未来の自分のために今の自分を捨てられるのかが試されます。

 

もじもじする自分、言い訳をするような自分は捨てればいいです。もともと人間というものは変わるものです。

変わるまいとするほうがむしろ疲れます。どんどん捨て去って身軽になって変わっていけばいい。他人や状況を変えるのではないということです。

 

 

豊かになるにはやってみること

豊かになるにはやってみることだったのです。何もやらないで豊かになることはできないのでまずはやってみること。

そしてやってみたら今度はそれを続けることなのです。継続は力なりという言葉があるように、どんな小さなことでも続けることで大きな力になるということです。

 

やってみることと続けること、たったこれだけで豊かになれると今は私は思っていますが、なかなか出来ないことだったのです。

やってみてわかる!やってみなければわからない!こんな当たり前のことがわかっていなかったということです。

 

 

 

一番わからない、この自分

 

自分のことを1番わかっているのは自分だと思うのですが、でも1番わかっていないのも自分ではないかと思います。

この動画を撮り始めてここまでやれるとは思っていませんでしたし、これからも続けていける自信はあるのですが、これも以前はとても考えられないことでした。

 

それに毎日の記事についても内容の良し悪しは別にして、次々と決めて書けるのは自分でも驚いています。

またこの1ヶ月という期間は過去の数年分にも匹敵するほどの濃さで生きてきたように思えるのです。

 

この濃さで今後も生きていけばもっと他にもやれることが見つかるのではないかと内心期待しています。

わからないから、そこに可能性が満ちているように思います。