こうなりたいと思う自分にいま、なる

 

やり続けることが大事だとわかったのですが、なぜ今までそれができていなかったのかを考えてみました。

ある一つのことをやっていても壁にぶつかったりすると、ほかのことを考えそっちのほうがいいのではないかと思って、やっていることを途中でやめてしまう。

 

熱しやすく冷めやすい性格もあって、そうやって次々とほかのことをやり始めるというパターンだったように思います。

理想はやり通す意志の強さを求めながら、実際には反対のことを行っていたことがわかりました。

やり続ける行動の中にしか、積み重ねの真の意味は学べないことがいまようやく理解できたのです。

 

 

確固とした目標を持つ

寝ても覚めても思い続ける、それほどの情熱をもって取り組んで行けば、いつかは目的地に到達するということです。

行き先を決めずにドライブに出かけたら、そこにたどり着くことはないように、はっきりした目標を持たずに何かを成し遂げることは不可能です。

 

今まで私はどうして明確な目標が立てられなかったのか、考えてみますと目標を打ち立てることの重要性が理解できていなかったため、目標を一つに絞りきれなかったことでした。

目標を一つに絞るということは、他を捨てるということです。

 

ホントにしたいことがわかっていませんでしたから、どれを捨てるのも怖くてできなかったのです。

今回は、仮にでもいいので一つの目標をしっかり決めて取りかかることが成功への第一歩だということでした。

 

 

自分自身の仕事をすれば、いつかは伝わる

 

伝わるか伝わらないかを決めるのは、そのことに自分がどれだけの思いを込められるか、そしてその思いをどれだけ注ぎ続けられるかに尽きます。

普段から自分のエネルギーを何に当てているのかを意識する必要があります。

 

美味しいものや安いものはないかとか、面白い話やタメになる話はないかと探していたり、興味関心ある事柄がいろいろあって毎日さまざまなことに意識を向けながら生活しています。

しかし日常のことに埋もれていては、いつまでも望む結果は得られないのがわかったのです。

自分の仕事は何なのか、そこにいつも立ち返ってそれを続けることが肝心だということです。