人はその人の役割を演じている

人はその人の役割を演じている

自分の人生においては、他の人はすべてある役を担って登場しているという
ことです。

だから例えば、さぼる役をやっている人にとやかく言ったり無理やりに止め
させようとするのはおかしいということです。

そうではなく、なぜその人はさぼるのかを理解した上で対策を講じればいい
のです。

大切なことは自分はどうすればいいのか、自分に出来ることは何かに焦点を
当てて自分の役をこなして行くということです。

自分の中に宿る力

自分の中に宿る力は、外にあるものとは違う

車で走っていた時、ふと悟ったことがあります。自分の車をどう運転するかは
自分で自由に出来ます。

しかし前を走っている車は自分で直接どうにか出来るものではないということ
をつい忘れるのです。

自分がどんなに急いでいても、それは前の車や周りには全く関係のないことで
イライラしたり焦ってもムダだったと後で気づくのです。

自由にコントロール出来るものとそうでないものとを、自分は未だ識別出来て
いないということです。

元はといえば原動力である自分の中に宿る力に気づいていないから、こういう
ことが起きるとわかったのです。

なかなか人は通じないもの

なかなか人は通じないもの

どうしても通じないことを承知で、それでも分かり合える努力をすることに
大きな意味があるように思います。

それは決して骨折り損をすすめているのではなく、その努力を傾ける過程で
得るものがあまりに多いということです。

もっと相手に関心をもつ必要もあり、相手にも考えさせるきっかけを与える
ことにもなります。

仮に何も成果がなかったとしても以前と比べればお互いを隔てる壁は相当低
くなっているはずです。

また自分の寛容さを養う上でも意に反した行動をする人というのは自己成長
にとってむしろ歓迎すべき存在かもしれません。