予期しない形で伝わることもある

 

人に伝える時、たくさんの言葉を並べればいいかというと、それがかえって間違いの元になることが多いということです。

それにあれこれといっぱい言い過ぎると、後で自分は何を言ったのかをほとんど覚えていないものです。

 

人は自分に都合よく、あるいは悪くとらえる傾向があり、相手が言ったある言葉でカチンと来たりすることもよくあることです。

また一度思い込むと後でカン違いだとわかってもなかなか消えないものです。

ですのでお互い忙しい身でもあるわけですから、人との会話は言葉を選んで手短に話するように普段から心がけることです。

 

 

未来は選び取るもの

 

そして、自ら率先して挑むということもいつの時代にも言われていることです。

自分の未来というものは、現在の自分のあり方の延長線上にあるものなので、描いた理想の未来をいまここで生きること、

これが最短最速で夢を手にする全てで、このやってみることとやり続けるという行動が決め手だということです。

 

 

価値とお金の循環

 

すべてのビジネスは、お金を払い必要な価値(情報)や価値を産み出すものを受け取り、

それをさらに質の高い価値を付け加えたり新たな価値をつくり出し、それを適切な方法で提供、販売してお金を受け取るという、こうした見方もできます。

価値のある情報を提供し続けることで新しいお金の流れをつくり、お金が流れることによって、また斬新なアイデアや情報などが集まり次の展開が加速していきます。