好きなことをして生活できる社会

好きでもないことをしなければ生活できない、そういう社会というのはいずれは破綻する運命にあり長続きしない社会です。

今の社会は幸福でない人たちであふれ、どっちかというとこのような社会構造になっているように思います。

 

でも今の社会でも幸福になるチャンスというものが全く無いわけではなく、ある意味では誰にも与えられているのですが、それをチャンスとみるかどうか、

またそのチャンスを選ぶかどうかの自由だけが与えられているに過ぎないので、そのことすら気がつかない人が大半だということです。

 

 

自分の思いを信じる

人とどう関わって行くかも重要ですが、それ以上に自分とどう
関わるかで人生の質が決まるような気がします。

まず自分の思いを信じていなければ、どんなことをやっていて
もそれは根幹となる土台の上に立っていないことになります。

 

だから研ぎ澄まされた感覚をもって自分のやっていることの正
当性を示すことが大事だと思っています。

どういう目的で何をめざすのか、どんな価値を提供するのかを
明確にして、その上で突出したものを持つということです。

 

 

自分の人生をいきる

 

自分の人生をいきることをずっと先延ばしして来たように思います。最近になってようやく覚悟を決めて自分の人生をいきる決心ができたのです。

覚悟を決めなければ決して自分の人生をいきることはできません。そのことがやっとわかったということです。

 

自分の人生を生きるとは結局は孤独に耐え続けることです。なぜなら誰も歩んだことない道を自分が決断して切り開くことであり相当の覚悟がないと続かないからです。

自分の人生をいきる、とはそういうことではないかととらえています。

 

 

ネット上の学び

 

インターネットネット上で自分独自のウェブサイトを立ち上げてまだ5ヶ月しか経っていませんので、

何をどういう目的でどのように発信していくのか明確になっていないのですが、とにかくそういうことを走りながら考え手探りで進めているところです。

 

確実にそうなるだろうと思うのは、ネット上での学びがリアルの面で生かせることと逆にリアルでの学びがネットの世界で生かせるという
ことです。

だから2つの世界で自分はもっと飛躍できそうに思うのです。

 

そんな成長した自分が発信していく過程でさらに学びが加速して行くような気がします。

成長に限界がないのですからもう最高の最高へといくだけで、それ以上は想像することもできないくらい超わくわくの世界です!