自分に平安をもたらすもの

自分以外に自分に平安をもたらすものはない

これはエマソンの言葉です。この言葉が目に入って思ったことが次のことでした。

平安でいられるのは、どんなことがあってたとしても自分のままでいること。つまり自分という視点でとらえ、考えぬくということです。

 

これは一度自分を見失ってみるとよくわかるのですが、自分の視点というものがなく目の前のことをどうとらえていいのかわからなくなり、

おかしな判断や行動を取ってしまうということで、後で何でそういうことをしたのだろうかと不思議に思うわけです。

この自分という意識、自分を自覚していることは平安には欠かせないと思ったのです。

 

 

へこむ自分がいました

なぜ気落ちしてしまったのかを振りかえってみますと、何とか自分の枠にはめ込もうとしたからでした。

その通りにいくことは稀なので、そこにストレスを生じさせてしまったのが大きな原因でした。

 

このストレスは自分だけでなく相手にも与えていたので私としては不本意なことをしてしましまったのです。信頼関係も損ない兼ねませんでした。

予め見通しを立てることはいいのですが、自分でこうしようと勝手に決めてしまったのが問題でした。

 

本当は事情を話してどうすればいいかを相談するスタンスが良くこれまでのそのパターンでやって来たのです。

なぜそれを踏み外してしまったのか。ひとつにはこの割当作業を軽く見ていたところがあったことと安易な見込み違いをしたことでした。

いずれにしても、このことによって嫌気をさすのでなく今後に生かせる材料が増えたというとらえ方が大事でした。

 

 

真実を語っていけばよい

 

人にはその人なりの真実があると思うのです。

もちろんすべての人に共通する真実という考えもありますが、でもその人独自の真実に心惹かれることが多いのです。

それはその人の思い込みということではなく、その人の考えに立てば筋が通っていて確かにそれはそうだと思えるということです。

 

それが正しいか間違っているのか、判断できないことが世の中にはたくさんあります。

人の行動一つをとってみても、なぜそういう行動をするのかはそれなりの理由が数珠つなぎのようにその人にあるからです。

例えば先日、担当日の変更を頼んだ時、ある人は自分で選んだ日を半ば強引に押し通す人がいるかと思えば、いいですよとそのまま受け取る方もいました。

 

今はこれを私はそれぞれの人がその役を担っていると思っています。強引に押し通す人はそういう役回りを、素直に受け取る人はそういう役を演じているということです。

ですので、強引な人に目くじらを立てたり、受け取ってくれた人にあまり過大な恩を感じる必要はないということです。

〈他人の真実を知ることで自分の世界も広がる〉

 

要するに、人にはそれぞれの理由と結果があってその人なりの真実というものがありそういう世界で、その人は生きているということです。

私はそういう他人の世界を知ることで自分の世界もどんどん広がって行ったように思います。

ですので自分の真実を語ることで人の役に立てられるのではないかと思っているのです。