自分の生き方で示す

 

どんなに子どもが目覚ましい成長を遂げても、それに伴って親も成長していかなければ、その子どもの足を引っ張りかねないと思っていました。

だから機会あるごとに、大人の私たちも学び成長していきましょうと伝えていました。

 

ところが親によっては全く通じず、特にそうして欲しい親に限って反発され教え子が不憫に思っていました。

しかし、今思えばそれは私の一方的な思い込みでした。

また相手を変えようとする考えは信頼関係を損なうことにもつながり、当時の私はそれらが全く見えていませんでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です