他がなければ私はない

 

なぜ、ここしばらく私はブログを書くときと書かないときという風になってしまったのかと、ふと自問してみました。

それで、なるべく客観的に考えてみたときに、自分の中に、読んでもらっているあなたという存在があるときには、伝えたいことを伝えるため、とにかくも書いていたということに気づきました。

 

あなたのことが頭にないときには伝える内容のことも浮かばず、
書こうという意識もなく一日が過ぎていくだけでした。

そして自分のために書いているというのはまったくの間違いだったということがわかりました。

ネット上では自分から発言しなければ、いないのと同じだとよく言われていますが、まったくその通りだったのです。

 

“他がなければ私もない”とは、そういう意味だと思いました。

画面の向こうにいる、あなたに向かってこれからも書きつづっていきたいです。私という存在をもっと深く知るためにも。

こうして自分とあなたとの関係があるからこそ、私は存在するのだから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です