もっと理解しよう

 

和佐大輔さんの本『テトラポッドに札束を』に、次のような言葉があります。

「わからないから、そこに可能性がある。人間の可能性は、無知であるという一点に尽き、

理解できないから、理解できる可能性がある。‥」

 

これまで理解できていない自分を認めず、そこだけ見ない振りをしてずっとやって来ました。

この本と出合い、この言葉によって救われ肩の荷が降りたような思いです。

 

自分は何も理解していないし、何もわかってはいなかった‥ホントにその通りです。

そのことにはっきり気づいたことで、ここから奮起する力が新たに生じてくるのを感じます。

 

まだ何も理解していないが、いまから理解できるということは知っている。

何もわかっていないからわかる可能性があり、最初からわかっていたらわかる可能性も生まれない。

 

理解できていないから、理解する余地が残されている。

そこから理解しよとする意欲も湧いてくる。

いろいろな角度から考えてみて、理解するように努めよう。

何度も読み返して、その意味するところを考えてみよう。

 

理解できたそれぞれの点が、やがては線になって行くのがわかる。

その線が面になって行き、面がさらに立体的な理解になるまで意識して学んで行こう。

 

もっともっと理解しよう。

理解することに終わりはない!

 

まだ積み上げたものがないから、これから積み上げて行ける可能性がある。

その可能性を信じ、ひたすら積み上げていこう。

可能性は無限にあるのだから、ともかく積み上げて行こう。

もっと積み上げて行こう。