望む結果を想像する

 

私の望みのひとつとして、次のようなものがあります。

「自分の伝えたいことを、人前でもきちんと話せるようになりたい」

 

そう思いつつ、あれこれと調べては少し練習を始めてみました。

しかし、このままで望みは叶うのでしょうか?

おそらく叶うことはないような氣がします。

 

なぜなら、望む結果が漠然としていて、あいまいであるからです。

例えば、いつまでにどんな風に話せるようになりたいのか、

人にどのように思われたいのか、人から何と言われたいのかです。

 

叶えるためには具体的な形にすることです。

望む結果の周辺に至るまで、とことん突き詰めていく必要があります。

 

望む結果が頭にありありと、具体的に描けるようになるまで考えます。

そして、その結果を手にした時の自分はどんな風に感じ、

どんな気持ちでいるだろうかと自分に問うことも重要です。

 

人前で話すことを、最高に楽しんでいる自分の姿を思い浮かべたり、

もっと望む情景を自由に想像して、思い切りイメージをふくらませます。

 

これらを踏まえて、先ほどの望んでいたことを変えてみました。

「印象的な『スピーチの達人』になることが私の望みです。

この6ヶ月間の内に、定期的にカメラの前で話し、動画を撮ります。

 

読者の人たちに、どんなテーマでも話すことができるようになっています。

聞き手に何らかの印象を与えられるスピーチ法なども研究します」

 

望みが具体的なので、これから実現するための対策を練ったり

計画を立てることも、ずっと容易になりました。