人間の可能性

あなたがもし自分の可能性を信じ
それをもっと活かしたいなら、
どうすればいいのでしょうか?

それには、何かを成し遂げた人のことを
どのように受け留めるかにかかっています。

その人を自分とは違う特別な人間で
自分には関係ないと思うのか、

あるいはもしかしたら自分も
その人みたいになれるかもしれない
と思えるかどうかです。

実はみんな特別な人間であって、
特別でない人はいないのです。

だからその人にできたということは、
あなたにもそれができるということです。

自分の可能性を、
その人は示してくれているのです。

これまで何かを成し遂げた人や、
成功した人というのは
自分の可能性を見せてくれる
メッセンジャーでもあるのです。

もし、あなたがこうしたとらえ方ができたら、
今後どういうことが起こるでしょうか?

一日も早く自分も成し遂げたい、
成功した自分になりたいのではないですか?

成し遂げればいい、
成功すればいいのです。

ここに来て、自分にもできることがわかったなら、
早速取りかかればいいだけです。
ただですね、一つ質問があります。

あなたは自分がほんとうは
何をやりたいのか、がわかっていますか?

人間にはあらゆる可能性が備わっており
何でもできる一方で、
何も成し得ずに終わってしまう人にもなるのです。

つまり何でもやろうとすると
何も成し遂げずに終わってしまう
可能性も高いということです。

ですから、つぎは自分がやろうとすることを
一つに絞ることがとても大切です。

準備段階として、
めざしたいゴールや方向性を
しっかり決めましょうということです。

不純な動機ではじめよう

原田翔太さんの本
『不純な動機ではじめよう』
を紹介させていただきます。

もしあなたが自分のやりたいことや
好きなことがあって、
それを本気で仕事にして行きたい
と思うでしたら、
この本を読んでみてください。

やりたいことやって稼ぐとは
どういうことか
をじっくり教えてくれる本です。

原田さんはある出来事と
ウェブ世界に出合ったきっかけで、

来る日も来る日も
自分が思いつく限り、
自分が語れる限り
文章を打ち込み

ゲロを吐きそうになるぐらい
ウェブサイトを作り続け

寝る間も惜しんで、
飲まず食わずで
一心不乱に作業をしていたら、

気がついたとき
突出したサイト数に
なっていたそうです。

やりたいことを少なくとも
他人が到達していないレベル以上にまで、

ひたすら実践、練習、反復によって
短期間で突出させることの意味を
私はつかむことができました。

だから私は文章を
書きまくることに決めたのです。

また、たとえ相手に間違って
受け取られてもあきらめず、
誤解や失敗を恐れず
本意を貫くこと
などを語っておられ、

読んでいるだけで勇気が湧き、
たくさんの気づきと発見がある本です。

行動すること、回数重ねること

最近、大きな気づきがありました。

大事なセミナーを受講していた時、
内容をメモるのでなく自分の経験に照ら合わせ、
どう行動していくかをメモってください、

と注意してもらったのですが、相変わらず
聞いた内容をメモりまくっている自分でした。

どうして今まで、いい話を聞いても身に付いていかないんだろう
と不思議でしたが、その理由がこれでした。

理解が足りないからと思って一生懸命でしたが、
どう行動につなげるかという視点が
まったく抜け落ちていました。

理解することも大切だが、それをどう行動に移していくか、
がもっと重要だとやっと理解できました。

で、早速これからの行動をメモったのです。

①お金から開放された人生を生きるんだ、
と決意する。

②次のようなテーマでブレインダンプし、
マインドマップにまとめる。

「自分はどういう人間になっていくのか?」
「今やらなくてはならない準備とは何か?」
 ‥ 

③時間を管理する。
毎日の重要事項をチェックし優先度の高いものから実行する。

④ブログとサイトを更新する。
未来を先取りした自分の言葉で語る。

⑤本の感想をアップロードする。
和佐大輔さんの『テトラッポッドに札束を』
原田翔太さんの『不純な動機ではじめよう』

いま私の頭には、
とにかく行動することと回数を重ねること
が、かけめぐっています。

自分の可能性

 

どんな人生でも歩むことができると聞かされても、その確証が自分に持てないうちは、どんな人生を歩もうか、などと考える気にはなれないものです。

ただその確証というのがくせ者なんです。確証を待っていたらいつまで経っても先に進めないことを私は知りました。

 

どんな人生でも歩めるかどうか、実際やってみないとわからないというのが真実ではないでしょうか?

だから、やる前から確証なんて持てるわけがないんです。
じゃーどうすればいいのか?

 

自分の望むような人生をその通り生きている人を探し出して、その人について深く理解することで、どんな人生でも歩むことは可能かもしれないと、ある程度の確信は得られると思うのです。

私は、自分が望む人生を現実に歩んでいる人に会ってみて、そのように生きることは可能なんだと知りました。

だからあなたにもぜひ、そういう人に出会って自分の目で確かめてほしいです。

 

もちろん、いろんな分野で成功した人たちの話を耳にしたり、本で読んだりしたことがあるかもしれませんが、そういう人のことをあなたはどのように受けとめていたでしょうか?

成功した人たちというのは、自分にない何か特別な能力があったからで自分とは無縁な人たちだと思っていませんか?

 

よくよく調べてみればわかることですが、成功した人たちのほとんどが成功するまでは普通の人だったということです。

(ほんとうは、どんな人も特別であって普通の人なんて、いないはずですが‥)

ほかの人が成し得た成功を、自分はどのように受けとめるのか、がとても重要です。

 

もし自分の可能性を信じ活かしたいなら、何かを成し遂げた人のことをどう受けとめればいいのでしょうか?

そういう人を、自分と関係のない別世界の人と見るか、あるいは自分の可能性を示してくれた人と見るか。

もしも、いろいろな人の成功をすべて自分の可能性でもあるというとらえ方ができると一体どういうことが起きるのでしょうか。

 

 

一通のメールから

誰にも人生の転機となるような出来事や
人との出合いがあるように、
私もそんな出合いを引き寄せる状況でした。

現在勤めているところが2年後に
閉鎖になることが決定しており、
その後の収入のメドが
立っていませんでした。

そんな折に
一通のメールが舞い込み、
その中で紹介されていたメールレクチャーに
登録したことがそもそもの発端でした。

その後に送られてくるメールを
読んでいくうちに
ネットビジネスというものを知り、
その内容について理解するにつれて次第に
ネットビジネスに引かれていきました。

その後もその方から定期的に
信頼できる情報を提供していただき
徐々にその業界のイメージも
つかめてきました。

やはり肝心なことはいろんな情報が
無数に飛び交っており、
その中から自分が必要とする情報を
いかに選んでいくかでした。

こうした基準となる考え方も
その方から学ばせていただきました。
あといくつか上げてみますと、

アフィリエイトについて知りたいのであれば、
どの人からの情報を選ぶか、
それが非常に重要だということです。

発信している人のやっていることや
これまでの実績を見れば、大体
その情報の信ぴょう性がわかりますが、

十分注意していても
内容が伴っていない教材やセミナーなどに
当ってしまうことも何度かあります。

でもそれも勉強代だったと考えれば
まったくのムダではなかったといえます。

あと、よくいわれることで
気をつけないといけないのが
ノウハウコレクターになってしまう
ワナです。

やり方ばかりを追い求めて
実践することを
二の次にすることをいいます。

やってみる、書いてみるなど
何らかの行動(アウトプット)を前提にした、
知識やノウハウを得ること(インプット)
が大切だということです。

自分自身、一番の戒めです。

現実を変える転機

どんな人生でも歩めるとしたら、
あなたはどんな人生を歩んで行きたいですか?

急にそんなことを聞かれてもすぐに、
こんな人生を歩みたいです!
とは出てきませんよね。

ふだんから
どんな人生を自分は歩みたいか、
と考えることがほとんどなかったからで、
仮に考えようとしても
その通りに歩めるはずがないから、
考えてもムダだと思っていたからです。

でもこれからは違うのです!
これまで植え付けられてきた
ネガティブな意識を
切り替えることができれば、
どんな人生でも歩めるのです。

もうほかの人の人生に
すがって生きる必要はまったくなく、
真に自分の生きたいように
自分の人生を生きられる環境に、
私たちは今いることに
気づいている人はごくわずかです。

こう言っている私もつい
3カ月前までは
ワクワクした生き方とは
無縁な生活をしていました。

自分の人生を生きたいように
生きるなんて夢の夢で、
周囲に振り回されるほかない
負け組の人生をおくっていました。

自分が叶えたい夢を持ち、
それを実現させる決意で
現実と向き合うこともせずに、
初めから不戦敗の生き方を
選んでいたのです。

そして手持ちのわずかな額の
通帳を見るたびに、
この先どう生きていけばいいのだろうか。

このままで人生を終わらせても
自分はいいのかという、
ばくぜんとした問いが
何日も頭の中をかけめぐっていました。

そんなときに大きな転機となる
出合いがありました。

どんな人生を送りたいのか?

「自分はどんな人生を送りたいか?」
この問いは毎日やってもいいぐらい、
とても大事です。

私は以前までこんな風にしか
考えられない人間でした。

「あの人が自分のことを信じてくれないから
仕事がうまく行かなかった」
「こんなことになったのもあの人のせいだ」

自分の人生でなく、
ほかの人の人生に生きていたのです。

自分はこの人生で一体どうしたいのか?
それがわかっていませんでした。

自分が被害者意識で生きていることに
まったく気づかず、
問題をすべて
人のせいにしていたのです。

自分の人生を明らかに
生きてこなかったのです。
でもようやく、
そのことに気がつき始めたのは、
ある一つの疑問からでした。

「なんでいつも同じように
相手とぶつかり、
別れることになるのだろうか?」
と不思議でした。

何度も同じパターンであることに、
おかしいと思うようになって、
やがて自分のあり方に原因があり
自分が衝突を招いていたことがわかったのです。

ずーっと相手を替え、そんな生き方でいいのかと
何度も私に教えてくれていたこと。

そのことに気づけて
相手の人に感謝したい気持ちが
どっとわき起こりました。

それ以来、自分は見守られている
という確信と信頼感ができました。

話をもどしますと、
自分の人生を生きるとは、
自分が責任を取りながら
生きるということであり、

自分の人生で起こる原因は
自分なんだという
主体性をもって生きること
でもあります。

だから、どんな人生を送りたいか?
と自分に問うことが
とても大事なのです。

なぜ?と問うこと

一つお聞きしたいです。
「もし、どんなことでも実現できるとしたら
あなたは、どんな人生を送りたいですか?」

この問いによって、
より自分自身を知ることができます。

この問いに対する私の答えは、
人々の悩みを根本から解決する
お手伝いをすることで、
その人の望む人生に変えていく
強力なサポート役であることです。

もしあなたに
何か悩みがあるようでしたら、
次のようなシミュレーションに
答えてみてください。

自分はいま、どういうことについて
悩んでいるのだろうか?

なぜそのことで悩んでしまうのだろうか?

その自分の答えを聞きながら、
そのときのネガティブな感情も
十分に受けとめるようにします。

こうしてその悩みの全貌をまず
明らかにしていきます。

それからその悩みの原因について探ります。

原因にはさらに奥の原因があるので、
それを一つずつたどって行きます。

そうすることで、
より根本的な原因に行き着きます。

最終的な原因が絞れたら、
その原因を解消できる方法や
改善する方法をいくつか考えます。

その中から実現できそうなものを選んで、
それをやってみることを決めます。

そしてやってみてどうだったか、
時間をかけ実際にやった結果を
一つ一つ見ていきます。

人との比較や思い込みなどを
手放していくことで、
ほとんどの悩みは消えていくものです。

かつての自分がまさしくそうでした。

いろいろと悩みをかかえて、
まるで悩むために生まれてきたような人は、
一度自分としっかり向き合い、

悩んでいる自分に「なぜ?」という問いを
何度も発することです。
変化を起こしてみてください。