変化を起こすには

今朝トイレ掃除をしました。
これまで掃除は
汚れに気づいた時にしていましたが、
昨日ある方から
毎朝すると一日を気持ちよく過ごせる
ことを教わったからです。

確かにトイレの中は
きれいになりましたし、
それ以上に
心がさっぱりした気がします。

以前にもトイレ掃除のことは
聞いていましたが、
頭でわかっていても
なかなかその気にはなれませんでした。

その理由の根本には
ウンチは汚いものという思い込みであり、
手に触れたりするのがイヤで
ずっと避けていました。

しかし最近になって徐々に
考え方、感じ方が変わり始めました。

自分の体から出たものが
どうして汚いものなのか、
が納得できなくなったのです。

まだ汚いという思い込みを
完全に捨てられたわけではありませんが、
これを機会に毎日
トイレ掃除をやろうと
行動を起こしてみることにしました。

雑巾(ぞうきん)とバケツを用意して、
床の汚れをまずふき取っていき、
便器も手でしっかりと雑巾がけを行いました。

ていねいにやっても
8分くらいで済み、
わずかな時間と手間しか
かかりませんでした。

こんな簡単にできることだったのに、
今までどうしてやれなかったのか
と不思議に思ったりします。

今回のトイレ掃除に対する
自分のとらえ方の変化を振りかえり、
人生に起こることは
すべて自分が創りあげていること。

しかも記憶にある
決まったパターンで、
感じ考え行動しているということ。

そのことが腑に落ちていると、
これまでの感じ方や考え方、
行動のおかしさにも
やがて気づくことができて、

それまでのパターンを
一気に変えることもできる
という一例なんだと
改めて知ったのでした。